昨日、仲の良い友人の結婚式でした。

以前に書きましたが
(過去記事参照:【夫婦漫才】
その披露宴の余興で夫婦漫才を頼まれ、夫婦でやってきました。

結果は…
うけました!!
よかった〜〜〜〜〜!!!

あえて司会の人には漫才ではなく「お祝いの言葉」と紹介してもらい、うちらがスタンドマイクの前にたった所でM-1で出囃子に使われている曲を流してもらってスタート。
どよめきと共に「いいぞ〜!」の声。

新郎がダンナさまの会社の後輩(私も何度か会った事ある)、新婦が私の専門学校の同級生で卒業後もしょっちゅう会ってる(ダンナさまも何度も会った事ある)、という、
うちら夫婦が出会いのきっかけを与えた二人。

それぞれの性格がわかるエピソードを盛り込んで、ダンナさまが原稿を作り、漫才のネタにしました。それを自主練や娘たちが寝た後に夫婦で練習、時にはカラオケボックスでも練習しました。

途中忘れてカンペを見た箇所もあったけど
笑ってほしい所では笑い声が聞こえ
(多分おあいそではない感じ!)
新郎新婦も笑ってくれ、
中盤のサプライズ、新郎にその場でプロポーズの言葉を言ってもらうくだりも、大盛り上がり。
原稿にはなかったチューも入り、
最後のひとオチも笑いがおこり、…手前味噌ですが成功だったと思います。

披露宴後半の余興だったので
緊張でおいしいお料理があまり食べられなかったのが残念ですが
みなさんに楽しんでもらえたようで本当によかったです。

終わった後、同じテーブルの人(ダンナさまの会社関係)には「今日一番だったよ」とか「いやぁ、よかった!」とお言葉が。

私の専門学校の友達に感想を聞くと
「ふくちゃんが声を張っててびっくりした」
「ていうか、声はりすぎ」
「アクションが大きかった」
「すごくがんばってるのが伝わってきた」
と普段の私では考えられない姿だったので、そういうお言葉が。
確かに、色んな意味で、自分でもありえない感じで
終わった後は恥ずかしさと達成感でしばらく頭が真っ白、ぼーっとしてました。

だいぶダンナさまに助けられながらも無事にミッションを終えて、式場のある横浜にて1泊し、さっき自宅に帰ってきました。

昨日は朝4時半起き、娘2人を連れて新幹線移動。
疲れました…たらーっ
でも、とってもよい式で楽しかったし、意外と漫才も楽しかったかも。


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM